体の肌の黒ずみはなぜできる?

肌の黒ずみが体の何箇所かにできてしまったという相談が皮膚科に寄せられることが多いそうです。何かの病気なのではないか?など不安を抱えて病院に訪れる人も少なくないそうです。しかし、その原因の多くは体を強くこすって洗ってしまったことが原因の肌の黒ずみが多いそうです。そもそも体を洗うのはゴシゴシと力を入れて洗うのではなく、よく泡立てた泡を肌の上で転がすように優しく洗うことで十分汚れを落とすことができます。最近では、体を洗う専用のタオルなどでゴシゴシと洗ってしまう人が多いようですが、それが肌の黒ずみを生み出してしまう原因となっているようです。一度黒ずみができてしまった箇所は、しばらく優しく洗うようにすることで薄くなっていくので、できてしまってももう治らないと落ち込まなくても大丈夫です。体を洗うときはタオルなどを使用せず、手で泡を作って肌を洗うだけで十分なので体の洗い方自体を見直すことで肌の黒ずみが現れないようになります。正しい体の洗い方を知って、美しい体を保てるようにしましょう。あまりにも体の黒ずみが多い場合は病気の可能性もあるので一度病院で診察を受けるのが安心です。

 

芸能人が行っている脇の黒ずみ対策