美白スキンケアに役立つ成分アルブチンの特徴

美白スキンケアに役立つ成分として高く評価されているのがアルブチンです。アルブチンというのは、コケモモなどの植物に含まれる成分で、メラニン色素がつくられるのを防ぐ働きがあります。非常に優秀な美白成分で、その特徴は、肌への刺激が少ないところです。肌が弱い人でも安心して使える美白成分で、ハイドロキノンのような強い美白作用はないものの、肌トラブルを起こすことがほとんどありません。アルブチンは、昔から美白成分として使用されてきた経緯があり、2種類存在します。通常、アルブチンとして化粧品に配合されているのはβアルブチンで、肌全体のくすみに効果があります。もう一つは、αアルブチンと呼ばれるもので、ハイドロキノンとブドウ糖が結合して作られた物質です。このアルブチンは、不安定なハイドロキノンを安定化して美白力を高める特徴を有しています。αアルブチンは、安定化した美白成分で、メラニン色素を造るメラノサイト細胞に直接アプローチする働きがあります。シミを根本的に解消する効果があります。アルブチンが評価されているのは、様々なシミに効果があり、そばかすやニキビ跡の色素沈着にも効果的だからです。

生まれつきのシミを消すには