スマホを使いすぎると顔がたるむって本当?

現代人はスマホやパソコンなどを使う機会が圧倒的に増えましたが、中でもスマホの使いすぎによって顔のたるみを促進してしまうという現象が発生しています。スマホを使う際は、いつも顔を下に向けているため、顔の皮膚が引力で下に下がってしまいます。

この状態のまま何時間も過ごしていると平常時よりも顔に負荷がかかり、顔のたるみを助長してしまいます。芸能人はスマホを使う際、まっすぐ前を向くようにして使用したり、上を見上げるような姿勢で使っている人も多いといいます。美容に気を使わなければならない仕事の人にとっては、肌に悪影響を与えると考えられる姿勢は避けなければなりません。スマホ自体の依存度を下げることで必然とこのリスクを避けることができますが、必要な場合は、このような姿勢でスマホを使えば肌のたるみのリスクを軽減できる可能性があります。
肌のたるみは実年齢よりも年老いた印象を与えてしまうので、毎日の生活から見直して、たるみを発生させてしまうような体制になっていないかを自己チェックしてみることが必要です。

目の下のたるみとしわ化粧品